ウェディングドレスと相性抜群の花

ウェディングドレスと相性抜群なのが、花です。人の手で創ったものより、生花のほうがもっと良いです。お互いが、お互いを引き立てます。ウェディングドレスをまとった花嫁さんは、まるでどこかのお城のお姫様になったような気分です。日常生活でドレスを着ることはめったにありません。まして、自分たちが主役で、とても注目されることは、一生のうちに結婚式ぐらいという人が多いでしょう。歌手などでない限りは。それだけ、結婚式というものは、贅沢な時間だと思います。結婚式を挙げる側は、何百万円という資金を数時間という時間のために費やします。何ヶ月も前から、料理のメニュー、テーブルクロスの色、招待するメンバーについて、あれこれと考え準備します。それだけ、人生でとても特別な時間といえるでしょう。できちゃった婚でも、結婚式をする人は多いです。今では、節約できるところは節約してでも、結婚式を挙げたいという人が多いと思います。しかし、人をもてなす心は大切にして、結婚式に参加してくれた人が喜んでくれるような料理にしたり、何かサプライズで楽しませようという考えが強くなりました。以前であれば、出席する人が新郎新婦を楽しませようとカラオケやゲームをすることが多かったですが、今ではおもてなし結婚式が流行っています。

ウェディングドレスに合わせてブーケの花を選ぶ

結婚が決まってまずする事の一つにドレス選びがあります。和装で挙式をする方も、必ずウェディングドレスの試着はされるようです。そんな中忘れがちなのがブーケ。ついつい後回しにしてしまうのが、ブーケの選択。何となくウェディングドレスにあわせて、白でおまかせ、となってしまいがちですが、気がつくと個性の無いブーケになってしまいます。どうせなら好きなお花を指定して作ってもらうといいと思います。同じ白いブーケでも、バラにするか、カサブランカにするか、またまた、他のものにするかで、全く感じの違うものになりますし、ウェディングドレスの雰囲気すら変わってしまいます。また、前撮りをする場合も忘れがちなのがブーケ。当日の分は注文してても、前撮り用はうっかりして、ありもので撮ってしまう事もあるようです。生花を選んでもいいのですが、プリザーブドフラワーにしておくと当日も同じものが使えて、お値段は高くても、案外安くあがったりします。最近は色々な花が選べるようですので、選択肢に入れてみるのもいいのではないでしょうか。どちらにしても一生に一度の結婚。ドレスも後悔無く好きなものを選べるよう、体型維持に注意する事も大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です