ウェデイングドレスを着用するときに、小物としてお花を使う事があります。メインで使うのはブーケ、他には頭の飾りとして使用する事もあります。基本的には、身につける人の気に入ったウェディングドレスとお花を持ちますが、あまりチグハグな印象だと悪目立ちしてしまうので、他の人の意見も参考にして、冷静な目で選ぶ事が大切です。ウェディングドレスが白であれば、何色のブーケや髪飾りでも会いますが、白と白で統一感を出すとスッキリまとまります。ドレス自体にフリルやレースをたくさん使用し、ふわっとした印象であれば、ブーケもフリルのたくさんついた豪華なものが似合います。逆に、ウェディングドレスがシンプルなタイプであれば、ブーケもフリルの少ないタイプを持つと、清楚感が出てすっきりした印象になります。季節によって手に入りやすいものと、入りにくいものがあるのでこだわりのある人は、事前に自分のすきなものが手に入り易いか確認をした方が安心です。色は、季節感を取り入れるとお洒落な印象になります。春は優しい色、夏はビビットな色、秋はシック、冬はスモーキーな色などです。ブーケと髪飾りは同じものを使用した方が無難です。新郎の実につけるブートニアももちろん同じです。

ウェディングドレスに花は不可欠です

女性にとって憧れのウェディングドレスは本当に時間をかけてじっくり選びたいですね。また女の子はあれこれ選んで迷っている時間も楽しくて嬉しい幸せなひと時だと思います。その素敵なウェディングドレスを引き立てて、より一層素敵に輝かせてくれるアイテムがブーケだと思います。花とひと言で言っても色々な種類があるのでドレス選びが終わったら花選びでも楽しんでほしいと思いますね。シンプルで大人ぽいドレスを選んだ場合はブーケも大人っぽい落ち着いたデザインのを選んだり可愛らしいデザインのドレスならブーケも可愛らしいデザインを選ぶようにするとお互いのアイテムが引き立て合うようになりより素敵なコーディネートになることでしょう。新しい人生のスタートを切る晴れ舞台でのコーディネートは手を抜かず自分の納得行く演出をしたいものですね。オススメしたい花は白バラ、白カラー、白ガーベラ、かすみ草などです。バラを使うとすごく豪華になるのでその場の雰囲気まで豪華で気品溢れる演出ができると思います。白カラーはシンプルな雰囲気の中に凛とした姿が見られますので大人っぽい演出をしたい方にはピッタリだと思います。ガーベラは可愛らしい演出も豪華な演出でも使えると思うのでぜひ加えて欲しいアイテムだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*