ウェディングドレスに合わせて花を選ぼう

ウェディングドレスやアクセサリー。身にまとうものも決まったら、やはり次に考えるのはお花。ブーケであろう。白いウェディングドレスにどんな色でどんな形のものにするかイメージを膨らませながら考える。ピンク系、ブルー系、イエロー系、グリーン系、ホワイト系。ブーケはひとつと思いがちだが、途中で衣装チェンジする女性は真っ白なウェディングドレスに合わせるブーケと、衣装チェンジした時のカラードレスに合わせてまた別のブーケとふたつ分けてブーケを用意する人も多い。形もコロンと丸いものや少し前に垂れたものや長く垂れたもの。同じ色の同じものを使って作っても、形が変わるだけでうんと印象が変わる。花を選ぶのはブーケの他にも新婦の髪を飾るものや、新婦の胸元に飾るもの。新婦が父親の胸元に着けてあげたりというものもあり、盛大に花を使うのが会場である。会場内のテーブルや壁、それにグラスひとつひとつに飾り着けるサービスもある。式終了後は参加したお客が持ち帰ることもでき、とても良い記念になる。衣装のひとつとして選ぶブーケや会場の飾り。たった一度のものだからこそ思い出に残る素敵なものにしたいと女性はみんな思っているに違いない。

記憶に残るウェディングドレスと花

挙式のスタイルには流行があり、最近は華やかな派手婚がまた流行ってきたようだ。一時期は邸宅ウェディング、海外ウェディング、もしくは式をしない、などさりげないスタイルが注目されていた時があるが、最近はホテルでの豪華挙式がまた人気が出てきたようだ。それにあわせて衣装も控えめでさりげないものから豪華で華々しいものへと人気が変化している。地味婚から派手婚になってきたようだ。一度しか経験できないウェディングを精一杯満喫しよう、華やかに表現しようという心意気が感じられる。女性の最大の憧れはウェディングドレス。星の数ほどある沢山のドレスのなかからお気に入りのものを選ぶ作業は至福の時だ。ドレスが決まってからは、ヘアスタイル、メイク、アクセサリー、ブーケを決定していく。どのように組み合わせるか。ウェディングドレスにあわせるスタイリングによって、豪華に、清楚に、モダンに、キュートに、エレガントに、と雰囲気が大きくかわるのだ。ブーケに使う花の種類を季節のものや、好きなものを選ぶととても思い出にのこる。ブーケにしても披露宴会場の装飾にしても、華やかでボリュームがでるので花の種類と色選びは重要だ。沢山の華やかな花に囲まれる機会はおそらくウェディングの時しかないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です