最高の花嫁になるためのウェディングドレスの選び方

女性の憧れ、ウェディングドレス姿の花嫁。ひとくちにウェディングドレスといっても、さまざまなデザインがあります。最高の花嫁になるための、ウェディングドレスの選び方考えてみましょう。ドレスを構成する要素には以下の6つがあるといえます。ボリューム、色、形、生地と装飾、ネックタイプ、袖のタイプです。まず、会場の広さに対して、歩けるボリュームのドレスでなければいけません。ドレスラインには、おおまかにスレンダー、マーメイド、Aライン、プリンセスの4タイプがありますが、会場の広さや招待客の人数によって、自分が歩けるスペースがどのくらいなのか確認してから選びましょう。色も、白色でもホワイト、オフホワイト、アイボリーシャンパンなどありますから、自分の肌の色に合う色を見つけてください。ドレスの形のほか、生地の素材も重要です。硬くてハリのある素材でできているのと、やわらかくて身体にフィットする素材など、ドレスの印象はまるで変わります。ネックラインにはUネック、スクエア、Vネック、ボートネック、オフショルダー、ビスチェなど。袖のタイプにはキャミソール、フレンチ、タンクトップ、アメリカンスリーブなど、たくさんの種類があります。首の長さや二の腕のタイプを考慮して、似合うものを吟味しましょう。あなたがより美しく見える、素敵なドレスを見つけて、最高の花嫁になってください。

ウェディングドレスを純白の花が引き立て、幸せを象徴する

美しいウェディングドレスを花はより一層引き立ててくれます。真珠のように咲いたユリや、柔らかいフリルのようなバラをふんだんに使った純白のブーケは、新婦の清楚さを引き立て、一生に一度であろう特別の日だという思いを一層かりたてます。新婦の頭に飾られた花は、その優しい香りで新婦を包み、結婚式に向かう緊張感の中、一瞬の安らぎを新婦に与えます。バージンロード歩く新婦の足元にちりばめられた花びらは、ウェディングドレスの裾が衣擦れの音とともに引かれていくのに合わせて軽く舞い上がり、新婦の幸福への階段に彩を添えます。参列者の椅子にも美しいリボンとともにユリやバラが飾られ、祝福を与える参列者の目を楽しませます。新婦は誓いの言葉を述べた後、それまで新郎の胸に飾られた自分のブーケとお揃いの純白のブートニアをベール越しに見つけた後、近いのキスを交わします。参列者から拍手が起こり、正面を向いた新郎と新婦は純白のバラそのもののように見えます。その笑顔はどんなバラやユリよりも美しく輝き、まわりに飾られたバラやユリたちも自分達の仲間を迎えるように祝福しているように見えます。参列者か祝福のライスシャワーが軽やかな雪のように舞い、青空へ向かって飛び交います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です